日本の土を知っているソイルファーム

※画像をクリックしていただくと各詳細がご覧になれます。

 
トロンメル:

arrowls.png

ロールクラッシャー
整粒機(造粒機)
焼土機(乾燥機)
クーラント
製品トロンメル
円形フルイ機
肥料混合ミキサー
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: arrowlds.png
小袋用袋詰機 フレコン用袋詰機
 

【原土】


機械投入原土の水分は、土の性質によりますが、40~43%以下が望ましく、それ以上に成ると付着してトラブルの原因になります。
水分の多い原土は、いったんストックして適正な水分に乾燥してから使用します。

【機械の選定】


製造される製品量と選別機より戻される量(20~30%)を、たした量により、整粒機、焼土機を選びます。
クーラントは、焼土機(キルン径)より1サイズ下の物がセットに成ります。
供給機は、供給量能力に余裕のある物にします。また、ホッパー容積はショベルによる投入回数を、考慮して選びます。
他の機械は、流れる土の量により選択して行きます。